メニュー

宮崎じどっこ 炭火炙り焼

980

頭鶏(じとっこ)とは、宮崎県および鹿児島県の霧島山麓において古くから飼育されていた在来種である。名前の由来は、江戸時代にこの鶏を飼育していた農家の人達が極めて美味しい肉であることから藩城主の地頭職に献上している内、いつからともなく地頭鶏と呼ぶようになったと言われている。生産羽数が非常に少ないため1943年(昭和18年)に文部省から天然記念物に指定された

最高においしい状態で食してもらいたい。。

イナホでの定番☆「とりあえず、生と地鶏炙り!!」